ミャンマー法情報

    ヤンゴン水道システムの民営化に対し投資家が強い関心を示す

    ヤンゴン市開発委員会(YCDC)が水道事業の民営化計画について初めて発表した2019年8月28日以降、投資家たちがヤンゴンにおける水道の管理及び供給事業に強い関心を示しており、32社の国内及び外国企業 […] Read More

    マンダレーの土地購入者を悩ます偽造土地権利証

    マンダレーChan Mya Tharsi地区のThaik Pan通りにあるいくつかの空閑地は所有者の名前を示す標識及び柵で仕切られ、不法侵入に対して警告している。 このような光景はマンダレーにおいて珍 […] Read More

    ミャンマーでは職場での嫌がらせが依然として問題

    国際金融公社(IFC)の最新の調査によると、ミャンマーの企業は職場の嫌がらせにより労働生産性の最大14%を失う可能性があり、労働者の40%が被害者だと述べた。 ミャンマーでは、職場でのいじめ及び性的嫌 […] Read More

    イタリア企業がコータウンホテルに320万米ドルを投資

    投資企業管理局(DICA)によると、イタリア企業がタニンダリ地域のコータウン区に320万米ドル相当のホテルを開発する計画の許可を得た。 この計画は国内企業であるミャンマーグリーンセンチュリー社との合弁 […] Read More

    懸念表明のために結成された新たな起業家協会

    ミャンマーの起業家たちは、この程ミャンマー起業家協会(MEA)を設立し、懸念の表明及び会員間における知識と経験の共有のための新しいプラットフォームを手に入れた。 MEAは2019年8月22日に発足し、 […] Read More

    取引業者が立ち往生し鰻がクッカイとムセの間に取り残される

    ムセ・スイカ卸しセンターのSai Khin Maung副所長によると、シャン州のクッカイとムセの貿易ゲートの間で、各々10,000キロの鰻を輸送する20台のトラックが立ち往生し、合計で約44万中国元の […] Read More

    税の免除が提案され、新たな議論を引き起こす

    2019年8月初旬、連邦議会に2019年連邦税法案が提出された後、未申告所得に対する税率の引き下げを擁護する立場と反対する立場の議員による議論が再び白熱した。 提示された減税率(免税措置)により、税率 […] Read More

    2019年連邦税法案から除外された宝石と宝飾品

    2019年8月7日に連邦議会に提出された2019年連邦税法案の特別商品リストから宝石及び宝飾品が削除された。 「以前は、宝石と宝飾品は特定品目リストの下で15%の税金が課されていたが、現在はミャンマー […] Read More

    ヤンゴン市が電子建設許可制度を試みる

    ヤンゴン市では、ビジネス環境を向上させるために、電子建設許可制度を新たに導入した。 国際金融公社の支援により、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)の建築管理局は2019年7月1日にヤンゴン電子建築許可制度 […] Read More

    政府は再び未申告所得に対する税率引き下げ措置を提議

    未申告所得に対する税率を引き下げることを政府は再び提議しており、それにより国民が所得に対する税金を払うことを促す。 10月1日開始の2019-2020年度に執行される連邦税法案の一部である本議案は、計 […] Read More

    議会は反汚職アカデミーへの加盟を承認する

    Pyidaungsu Hluttaw(ミャンマーの連邦議会)は、国際的な組織としての国際反汚職アカデミー(IACA)への加盟協約に調印する。 10人の議員が協定への調印を支持し、2019年8月5日の議 […] Read More

    CB銀行は株主に8,400万チャットを支払ったと政府高官が話す

    政府高官によると、協同組合銀行3行の合併により設立されたCB銀行が2015年から2016年までの12会計年度において、8,400万チャット以上の配当金を株主に支払った。 8月6日のPyithu Hlu […] Read More

    ローズウッドヤンゴン、緩やかな観光客到来に向けてブループラークを授与

    ヤンゴン初の超高級ホテルであるローズウッドヤンゴンは8月4日にヤンゴンで31番目のブループラークを受け取った。ホスピタリティの提供及びヤンゴンの豊かな遺産の保護の両方の面でヤンゴンの躍進を意味している […] Read More

    政府が海外保険会社と国内企業の合弁を6件承認

    国内企業及び海外企業の間による、生命保険及び損害保険を扱う合弁会社の設立を承認したと計画財務省(MOFP)が7月31日に発表した。 損害保険会社としてMOFPはAYA Myanmar General […] Read More

    最新のCBMによる裁定はキャッシュレス取引の後退を意味する

    ミャンマー中央銀行(CBM)による、現地通貨におけるプリペイドカードの使用を認めないとの告知はキャッシュレス取引の後退であると業界評論家は述べている。 CBMによる2019年7月25日付の告知によると […] Read More